keyvisual 学習環境

理事長挨拶

21世紀はアジアの時代です。
世界で最も成長するこのアジアを舞台にして、ビジネスで成功する人材を育成するのが、中央情報専門学校です。成功の鍵になるのが、「ITとビジネスと語学のスキル」です。
中央情報専門学校の日本語本科で先ず日本語の基礎をしっかりと学び、その後、当校の専門課程でITとビジネスをしっかり勉強し、国際的に活躍するビジネス人材になりましょう。
私たち教職員一同、「親切・丁寧・わかりやすい授業」で皆さん一人ひとりの可能性を最大限に伸ばします。
さあ、一緒に始めましょう。皆さんのご入学を心からお待ちしております。

Profile

東京大学卒。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得。
1987年 学校法人中央情報学園 中央情報専門学校設立。
1988年 理事長就任、1990年 校長に就任し、現在に至る。
また、全国専修学校各種学校総連合会副会長、留学生教育学会理事などの団体・学会役員なども兼務。

最高の学習環境を提供

歴史ある中央情報専門学校

中央情報専門学校は1987年に開校し、2017年に創立30周年を迎えました。
日本語本科は2000年4月に開設されて以来、「文化の壁を乗り越え、共生しあ合える心を育てる」という理念を基盤とし、日本語教育に取り組んでいます。

日本語本科とは

日本の大学・大学院・専門学校への進学を希望し、将来日本での就職・活躍を目指す人材を育成するために、初級から上級まで、5段階のレベル別授業で日本語を習得することにより、多くの留学生が日本語能力試験に合格しています。
現在、日本語本科には世界8ヶ国から来た約160名の学生が在籍しています。
今までに在籍していた学生を入れると、イラン・インド・スリランカ・タイ・中国・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・フィリピン・ベトナム・ベネズエラ・モンゴルなど、10ヶ国以上の国から学生たちが来ています。

picture_1
中央情報専門学校

留学生活を送るのに抜群のロケーション

最寄駅の志木駅は池袋まで20分、新宿駅までは30分と都心へのアクセスが非常にいい駅です学校から志木駅までは徒歩3分です。
日本の空の玄関である成田空港から本校最寄駅の志木駅までは直通のリムジンバスがあります。

picture_2
志木駅