keyvisual 教育内容

充実した教育内容

教育目的・目標

  • 外国人留学生に、将来日本で就職して活躍できる日本語運用能力を習得させることを目標としています。
  • 日本語を基礎から応用まで教育し、卒業時までに日本語能力N1~N3の取得を目指します。
  • 日本の大学・大学院・専門学校への進学を希望し、将来日本での就職・活躍を目指す人材を育成します。
picture_01


カリキュラム

カリキュラムの特徴

  • 初級から上級まで、5段階のレベル設定
  • レベルに応じた1クラス20名以内のクラス編成
  • 午前、午後の半日制(1年間の総授業時間 約800時間)
  • 最高点を目指す日本語能力試験対策
  • ベテラン担任教師との個別指導による進路指導

授業時間

2年生 9:10~12:20 45分×4限 週5日(月~金)
1年生 13:10~16:20 45分×4限 週5日(月~金)

学習レベルと学習時間の目安

picture_03

レベル別学習項目

初級Ⅰ
「みんなの日本語 初級Ⅰ(1課~25課)」
漢字300字程度 語彙1100語程度 文型80程度

初級Iでは日常生活に困らないように必要なコミュニケーションができる日本語の習得を目指します。
初級Ⅱ
「みんなの日本語 初級Ⅱ(26課~50課)」
漢字300字程度 語彙1000語程度 文型80程度

初級Ⅱでは必要な時自分の意思や希望が伝えられることを目指します。
初級Ⅰ・Ⅱともに「話す」「聞く」「読む」「書く」の4技能をコミュニカティブな授業で自然に楽しく学びます。
中級Ⅰ
「みんなの日本語 中級Ⅰ(1課~25課)」
語彙1000語程度 文型100程度
日本語能力試験N3取得のための日本語

初級で学んだ基本日本語の基礎を応用し、人間関係を築く円滑なコミュニケーション能力の習得を目指します。
日常的なテーマについて自分の意見をまとめ、意見を述べられる日本語の習得。
中級Ⅱ
「みんなの日本語 中級Ⅱ(26課~50課)」
語彙1000語程度 文型100程度
日本語能力試験N2取得のための日本語

中級Ⅰを発展させ、より高度な実践的応用力を身につけます。
より高度なテーマについて自分の意見をまとめ、意見を述べられる日本語の習得。
上級
日本語能力試験N1取得のための日本語
新聞や雑誌・ニュースなどの生の日本語に触れることによって、より高度な日本語の習得を目指すことはもちろんの事、場面・相手に応じた様々な表現の使い分けの習得も目指します。
また社会的テーマについて自分の意見を効果的に述べられるように、ディベート・スピーチ・プレゼンテーションなどの実践的な教室活動を行います。

年間学習予定

春(4・5・6月)
・入学式 オリエンテーション
・新学期 授業開始
・第1回日本留学試験(EJU)
・クラスチェンジ試験
夏(7・8・9月)
・第1回日本語能力試験(JLPT)
・夏休み
・前期期末試験
・クラスチェンジ試験
秋(10・11・12月)
・10月生入学
オリエンテーション
・後期 授業開始
・第2回日本留学試験(EJU)
・第2回日本語能力試験(JLPT)
冬(1・2・3月)
・スピーチコンテスト
・後期期末試験
・卒業試験
・卒業式
・春休み


進学実績

大学・大学院

国公立

東京大学、東京工業大学、電気通信大学、東京農業工業大学、東京学芸大学、首都大学東京、東京海洋大学、横浜国立大学、埼玉大学、神戸大学、新潟大学、高崎経済大学、岩手県立大学、上越教育大学、神戸市立外国語大学 その他

私立

早稲田大学、明治大学、中央大学、青山学院大学、法政大学、東京理科大学、獨協大学、駒澤大学、東洋大学、テンプル大学、神奈川大学、日本大学、亜細亜大学、桜美林大学、拓殖大学、大東文化大学、帝京大学、東京国際大学、東京家政学院大学、明海大学、尚美学園大学、西武文理大学、東京電機大学、上武大学、関東学園大学、秀明大学、嘉悦大学、愛国学園大学 その他

専門学校

中央情報専門学校、早稲田文理専門学校 他 多数進学実績あり。